高耐食自己支持型光ケーブル

細径SZ撚り光ファイバケーブル

プレハンガ型光ファイバケーブル(耐食亜鉛めっき鋼より線仕様)

従来のSZ撚りプレハンガ型光ファイバケーブルと比較し、細径・軽量化した光ファイバケーブルで、支持線に耐食亜鉛めっき鋼より線を使用することにより、防錆効果に優れた光ファイバケーブルです。従来の支持線と比べ、約5倍(屋外暴露)の耐食性を有しているため、海岸沿いの敷設に効果を発揮します。
※耐食亜鉛めっき鋼より線の防錆効果については資料ダウンロード「光総合カタログ」よりご確認ください。

SSMA[*1]C-4TSZ-WB-PH(AL[*2])

プレハンガ型(耐食亜鉛めっき鋼より線仕様)
[*1] ファイバ心数
[*2] 支持線サイズ
22(22sq:7本/2.0mm)
38(38sq:7本/2.6mm)
※品名記号
4TSZ: SZ撚り4心テープスロット
WB: Water Blocking
水が入った場合吸水テープが膨潤し、水走りを防止
AL: 耐食亜鉛めっき鋼より線
SZ撚りケーブルの特長 光ケーブルの断面構造例
構造諸元(22sq)
心 数 24心 100心 200心 300心
PEハンガー外径(mm) 12.0×22.0 15.0×25.0 18.5×28.5 23.5×33.5
本体ケーブル外径(mm) 9.0 12.0 15.5 20.5
支持線外径(mm) 8.0
標準質量(kg/km) 260 315 385 520
許容張力
(kN以下)
支持線 11.63
本体ケーブル 0.90 1.85 2.44 3.12
許容
曲げ半径
固定時 ケーブル外径の10倍以上
敷設時 ケーブル外径の20倍以上

※38sqについては、別途お問い合わせください。



お問い合わせ・資料ダウンロード

  • お問い合わせ
  • 資料ダウンロード
  • 022-307-1765 受付時間9:00-17:00 (土・日・祝日除く)

北日本電線の強み

東北電力グループ北日本電線の暮らしと産業を支える事業