環境方針

基本理念

 北日本電線は「地球環境の保全が人類共通の最重要責務の一つである」ことを全従業員で認識し、企業活動のあらゆる面で積極的、継続的に環境保全に配慮した行動を行うと共に、電線・ケーブル他関連商品、サービスの提供等を通して、社会の繁栄に貢献します。

行動指針

  • 環境保全への取り組みは経営の最重要課題の一つとして位置づけ、環境マネジメントシステムを確立し、経営者および全従業員が一致協力してこれを推進します。
  • 環境負荷の少ない技術、商品、サービスの開発に努め社会に提供するとともに、効果的な取り組みを目指し、組織および関連規定の整備を推進します。
  • 内部環境監査を通じ環境保全活動を見直し、システムの継続的改善を図ります。
  • 環境に関連する全ての法律や規則およびその他の要求事項を遵守するほか、自主的に環境目的・環境目標を立て計画的な改善に努めます。
  • 環境負荷の低減に配慮した次の活動に対して、積極的に取り組みます。
     (1)省資源・リサイクル
     (2)省エネルギー
     (3)廃棄物の削減
  • 全従業員に環境方針を周知させるとともに、教育を通し環境保全に対する意識の高揚に努めます。

2015年7月1日