事業と人

社員インタビュー

入社のきっかけは?

大震災で気づいた電気の大切さ-

私は2011年の震災で自宅も停電、通信遮断という経験をし電力業界に興味を持ちました。そんな中で学校の先生の勧めもあり地元企業に北日本電線があることを知りました。
高校時代には関わった事の無い電線・通信線製造でしたが、北日本電線は東北電力のグループ企業であり、工場見学の際、数多くの高校時代の先輩方が活躍されているのを知り入社したいと思いました。

現在の仕事内容・やりがい

難しさの中に、自ら成長できる部分がある-

私は主に高圧配電線の製造を担当し、地中配電線の6600V W-CVTなどを製造しています。
この配電線は目の見えない地中にありますがライフラインとして欠かせない重要インフラを構成しています。
簡単な構造では無い電線を自分の探究心でどこまでも学び、自分自身が成長できる、そんな仕事です。

今後の目標

学んだ技術や想いを、後輩に紡ぐ-

今までは教えられる立場でしたが、今後は後輩社員に教えながら自身も成長していかなければなりません。
そんな中で壁にぶつかることはあると思いますが、先輩や上司のアドバイスを活かしながら自ら成長するとともに、より良い高品質な商品の製造を通じて私が学んだ技術を後輩社員に伝えていきたいです。

1日のスケジュール

平均的な1日の流れ

平均的な1日の流れ

仕事のマストアイテム

メモ帳

メモ帳

人は必ず忘れる生き物です。
先輩から教わった事は必ずメモをして、後からでも見直しができるようにしています。
今のメモ帳は3冊目になり、仕事には欠かす事の出来ないMUSTアイテムです。

学生へのメッセージ

電線製造は学校の授業では経験出来ませんが、先輩・上司のフォローがあり、分かるまで教えてくれる環境があります。
探究心を大切に一緒に成長していきましょう。

小笠原 孝貴

事務職 人との出会いを大切に。私が見つけた働きたいと思える場所。総務部
技術職 ライフラインを支える重要な製品。その開発に携わることで社会に貢献。 電線事業部
技術職 ミクロの世界での冒険!高度技術と高品質意識にかき立てられて。 光デバイス事業部
技能職 先輩からつないだバトンを今度は後輩へ。それは自分自身の成長にもつながる。 電線事業部
営業職 感謝の言葉が原動力に。魔法の言葉「ありがとう」 営業部
事務職 電線を深く知り、正確な仕事を行う。原価を管理する数字のスペシャリスト。 電線事業部

採用情報

  • 募集要項・待遇
  • 採用スケジュール
  • エントリー受付
  • 会社説明会日程

採用に関するお問い合わせ

  • 〒982-8511
    仙台市太白区鈎取字向原前6番2号
    北日本電線株式会社 総務部(採用担当)
  • TEL 022-307-1736(直通)
    FAX 022-307-1763
  • お問い合わせフォーム
  • saiyo@kitaniti-td.co.jp