ヒートパイプ

お問い合わせ

0224-58-7259 受付時間9:00-17:00 (土・日・祝日除く)

ヒートパイプ融雪システム

ヒートパイプは、宇宙技術のひとつとしてNASAで開発された超熱伝導体です。真空の金属パイプ内部に作動液(代替フロン、水など)が封入されており、この作動液の蒸発潜熱により、わずかの温度差で大量の熱を輸送します。また、温度が均一になろうとする作用があり、一様な放熱が得られます。

ヒートパイプの特長

メンテナンスフリー

布設後はメンテナンスフリーで半永久的に使用できます。

駆動エネルギー不要

地熱、地下水、排熱、その他の熱を利用しますので、電気などの駆動エネルギーを必要としません。

優れた耐食性

全長にわたって防食層を設けてあり、耐食性に優れています。

優れた施工性

フレキシブルヒートパイプですので、輸送及び布設が容易です。

ヒートパイプの仕様概要

項目 寸法・材質
外径(目安) 6mmΦ~30mmΦ
管材 鉄・アルミ・銅・ステンレス
防食層 ポリエチレン・塩化ビニル等
作動液 フロン・水・アルコール等

ヒートパイプの種類

ヒートパイプの種類

ヒートパイプロードヒーティングの特徴

  1. 1
    各種熱源を利用

    熱源としてヒートポンプ<空気熱源>による温水の他、低レベルの熱源(地下水、温排水、地熱等)が利用できます。

  2. 2
    パイプでの熱効率がよい

    銀や銅に比べて熱伝導率が数百倍も大きく、小さな温度差で多量の熱を輸送することができます。

  3. 3
    自己温度制御作用がある

    ヒートパイプは、融雪面の表面温度が下がると熱輸送を開始し、表面温度が上がると熱輸送を止める特性があります。また、温度均一性があるため低温での融雪が可能で、融雪面への過熱の心配がありません。

  4. 4
    パイプの故障が波及しない

    ヒートパイプはそれぞれ独立して機能し、多数集まって構成されたシステムのため、事故等による破損があっても影響が少なくて済みます。

  5. 5
    保守点検が容易

    路面下のヒートパイプは通常メンテナンスフリーであり、スケール付着による効率低下もなく、保守が容易です。

下水排熱利用システム
下水排熱利用システム
下水管にヒートパイプを接触させることにより、その排熱をヒートパイプに伝えて融雪します。
地下水利用システム
地下水利用システム
地下水を汲み上げ、熱交換して融雪します。散水せずに地下に戻しますので、泥はね等が無く地下水汲み上げによる問題もありません。
排熱利用融雪システム
排熱利用融雪システム
排熱を熱交換器で回収し、ヒートパイプで路面に熱を加えて融雪します。
既存設備利用システム
既存設備利用システム
プール用クッションタンクの温水等を熱交換して循環することにより、その熱をヒートパイプに伝えて融雪します。
ボイラー方式システム
ボイラー方式システム
ボイラーによる温水を利用してヒートパイプに熱を伝えて、融雪します。

お問い合わせ・資料ダウンロード

  • お問い合わせ
  • 資料ダウンロード
  • 0224-58-7259 受付時間9:00-17:00 (土・日・祝日除く)

北日本電線の強み

東北電力グループ北日本電線の暮らしと産業を支える事業